に投稿

スクーリング終了と会議

15日から行っていた後期のスクーリング&後期試験が昨日終了!(^^)!

 

後半は天気が悪く、登校できるか心配しましたが、みんな頑張って通ってきてくれました(#^^#)

 

 

午後からは、県教委が主催した地域不登校支援対策推進会議に参加。

 

県内の不登校を支援する行政・民間団体・親の会等が一堂に会し、これからの支援について意見交換を行いました。

大分みらい高等学院からも昨年12月にあった県外の民間団体が主催した通信制高校やサポート校、フリースクール団体が集結し、多くの方に様々な居場所を知ってもらうきっかけとなった【エデュコレ大分】を県の主催で行ってほしいと提案しました。

 

その時の写真です!!

 

私たちもブースを出して、川野先生と在校生と3名で学校を紹介しました。

 

なんと、その提案が動き出そうとしているようです!!!!!

ヤッターーー(*^▽^*)

 

大分県の平成30年度の高校生の不登校数は617人。中途退学者は488人。

この生徒たちが高校卒業を諦めず、その先の未来に向かって前に進めるよう、支援団体と協力して、情報を発信していけるように頑張ります☆

 

に投稿

GIGAスクール構想

こんにちは!

学院長の松川です。

皆さんはGIGAスクール構想ってご存知ですか??

 

昨年末に予算案も可決され、2020年度から中学1年生に始まり、2023年度までには小学1年生まで、すべての児童生徒に1人1台のタブレットが支給され、ICT教育がメインに変わります。

 

 

この数年で一気に教育の環境が変化することになります。

 

 

教科書もすべて電子化されたものになる日も近いかもしれません…。

 

 

全員メガネになったり、休み時間に運動場に出る子がいなくなったり、のび太君が0点の答案を隠してもバレてしまったり…

 

と、ついネガティブな考えになってしまう私ですが…

 

きっと、不登校やひきこもりの子に多いPCやネットが得意な子にとっては強みになると思います。

そこから自分の個性や自尊心を身に着けていけれると思います。

 

 

15日から始まった後期のスクーリング&後期試験もあと2日です。

このスクーリングの在り方もどんどん変わっていくのかなぁーと感じました。

 

 

分厚い教科書を使った学習が、なぜか安心してしまう私はアナログ人間です。

に投稿

明けましておめでとうございます。

🎍明けましておめでとうございます🎍

1/6より2020年度(令和2年度)入学希望者の願書受付がスタートしました!

提携する未来高等学校の中学3年生からの新入学の締め切りは3/31(火)です。

現在高校生で進路変更で転入学や、高校を1度辞めて編入学を考えている生徒は3/22(日)が締め切りとなります。

 

土日、祝日、夜間も個別相談会、学校説明会を行っております。

お気軽にお問合せ下さい。

 

一人でも多くの生徒の居場所となれるよう、今年もスタッフ一丸となってチューチュー🐭と寄り添って参ります。

本年もどうぞ、宜しくお願いします。

に投稿

良いお年をお迎え下さい。

今年の4月に開校し、大切なお子様を預けて下さいました保護者、大分みらい高等学院を選んでくれた生徒、多くの支援者に支えられ2019年を終えることが出来ます。

 

来年、1/6からいよいよ2020年度の一般入試の出願受付が始まります。

入試といっても、学力試験はなく、面接と作文です!

 

高校を卒業したい!という生徒は誰一人として諦めさせません。

 

一緒に新しい人間関係を作り、目標を見つけ、安心して通える居場所になれるよう、先生たちも全力でサポートします。

 

子ども達の未来に“繋”がるように。

 

2020年もどうぞ、宜しくお願いします。

 

良いお年をお迎えください。

に投稿

Happy Xmas🎄

今日は2学期の終業式&クリスマス会!

1月にあるスクーリング日程の説明と、「冬休みはしっかり遊ぶように」との松川学院長の訓辞。

2月に修学旅行に行くことも決定し、楽しみも増えました(#^^#)

コンパルホールに移動して、クリスマス会!!

男サンタチームはキムチ鍋、女サンタチームは寄せ鍋を作りました。

〆のうどんまで頂いて、とても美味しかったです☆

またまた教室に移動して、ビンゴ大会!

インフルで欠席の生徒いましたが、笑顔が沢山見れたHAPPYなXmas ☆

また3学期も一緒に楽しく過ごせますように!!!

 

に投稿

GATB検査

おおいた地域若者サポートステーションさんと共同で2.3年生を対象にGATB検査(一般職業適性検査)を行いました。

 

 

すでに進路を決めた3年生、そして来年受験生も多い2年生にとって、自分にとってどのような職業が適しているのか、自分にはどんな潜在能力があるのかなどを知ることが出来ます。

 

サポステの古賀先生、杉山先生の説明をきちんと聞いて、午前中は2組に分かれて器具を使った検査。

 

楽しい検査に教室も賑やかな雰囲気でした。

 

そして、お昼時間には机を学校のように前向きにした効果か「勉強を教えて下さい!」と嬉しい言葉!

 

 

が…。

 

午後からの筆記検査で、恐れていたことが…。。

 

す、睡魔が…(;’∀’)

 

 

約2時間カクカクと不自然な体勢をする生徒もいましたが、みんな必死で頑張っていました(#^^#)

 

 

最後は自己採点をして、後日検査結果を振り返ります。

どんな結果で、自分に適した職業が何なのか、楽しみにして待ちたいと思います♪

 

これからも、おおいた地域若者サポートステーションさんと様々な連携を図り、生徒たちの高校卒業後の就労意識を上げていきます。

に投稿

🌸おめでとう🌸

3年生2名の進路が確定しました!

夏から先生たちと二人三脚で一生懸命頑張ってもぎ取った合格です☆

 

おめでとうーー☆

ひと安心です(^^)

 

 

 

お二人さん、早速教室で何か作成をしています。

 

 

卒業記念品にするそうです!

 

まだ後期試験も控えているので高校卒業が確定しておりませんが、その気持ちが嬉しいですね☺

 

残り4ヶ月の高校生活で一緒に沢山思い出を作っていきたいと思います!

 

 

 

 

に投稿

初の学院取材

先週の土曜日、各分野で起業して頑張る方々を取り上げる全国誌の取材を受けました。

 

 

来年3月の大分県特集の教育分野で大分みらい高等学院が選ばれました!!!

 

 

有名人がインタビュアーで来られるという事でググって勉強しようとしたのですが、取材前日の夜にタイムリーに“ダウンタウンなう”に出演されていました☆

 

 

 

 

 

 

誰でしょう…??

 

 

 

 

 

正解は…

 

 

 

 

 

シブがき隊の布川さん!!!

(なんか私の方が貫録が…すみません)

 

 

シブがき隊がデビューしたのは私が生まれた昭和57年!!

何かのご縁でしょうか??

前日の番組では元奥様からの証言で“遊び人”のイメージが強かった布川さんですが、お話してモテる理由が分かります!

緊張する私に笑顔で接してくれて、とても和やかな雰囲気でお話することができました。

 

 

 

教室も少しだけ模様替え!

 

 

中古のパーテーションを買って、生徒たちにペンキで綺麗にしてもらいました☆

に投稿

色々な学び場のご紹介

様々な機会で多くの支援者と繋がることが出来ました。

少しだけ紹介します。

まずは、大分県の取り組みで毎週金曜日に爽風館高校で行われている無料の学習支援です。

不登校、または過去に不登校を経験した生徒の中で、学習の補充が必要な中学校や高等学校の生徒を対象として、大分大学福祉健康科学部心理コースで学ぶ学生がサポーターとなり学習支援を行っています。

マンツーマンで教えてくれていたり、今日初めて利用するという生徒もいましたが、とても良い雰囲気で教えてもらっていました。

 

同じ大分大学の学生さんが学習支援をする『すみれ学級』

公益財団法人すみれ学級が運営する教室は県内で7学級あり、小学生・中学生を対象に食事の提供と学習支援を行っています。

敷戸教室は進学教室もあり、木・土曜日の週2回、大分大学経済学部の学生さんが指導をしてくれています。

進学を希望する生徒の保護者にとって学習塾の費用は負担になりますが、こうして無償で支援してくれ、安心して過ごせる居場所があることはとても有難いですね。

 

 

大分市内だけでなく、杵築市のRAKU DOHさんも児童生徒、地域に暮らすすべての方々が交流できる居場所作りを頑張っています。

迎接寺さんで月に2回あるご飯を食べる交流の会にお邪魔しました。

昨日は天気も良く、みんなで焼き芋をしたそうです!

不登校の生徒の支援や、生涯学習の機会の提供も行っています。

 

これからももっと多くの支援者・支援団体との横の繋がりを広げ、ネットを何重にも重ね、支援が必要な子どもが取りこぼされないように協力していきたいと思いました。

 

 

11月から転入したMさんも、在校生と卓球をして楽しんでくれています!!

 

 

に投稿

秋深き

3年生で専門学校へ進学予定の生徒の学校見学に同行!

 

 

一度は諦めかけた介護福祉士の道へ、もう一度頑張ろうと決めてくれました。

 

明日からは集団面接の練習に取り組みます☆

 

そして、大学受験の生徒もいるので合格祈願に地元の若宮八幡社へ。

 

ずっと天気もいいし、きっと合格してくれる!!

 

 

教室でも在校生は後期レポートを頑張っています。

 

生徒に負けじと、私も勉強の日々。。。

秋の週末は学習イベントが満載!!

 

土曜日は、子どもの貧困問題全国47都道府県キャラバンIN大分 子どもたちの未来応援団 カタローエ大分に参加。

 

その時代の社会において、「当たり前」と思っているような生活を送ることが出来ない相対的貧困の割合が、15.6%。

生活保護世帯の子どもの高等学校進学率が90.8%。(全体では98.6%)

 

高校卒業を望む生徒が当たり前に100%進学できるように…。

この研修で、“生まれた環境や境遇で高校卒業を諦めさせない”という起業した想いを改めて強く持たせてくれました。

 

日曜日は、全国障害者問題研究会大分支部の研修へ。

 

施設での死亡事故、津久井やまゆり園の事件で、あまり話題にならない施設側の人権に対する配慮などを通して“命の大切さ”について考えさせられる講話でした。

来年行われる九州大会の実行委員にもなっており、さらに研鑽を積んでいきたいと思います!

 

秋深き 隣は何を する人ぞ

 

皆さんは、どんな秋をお過ごしですか??