に投稿

共に生きる社会に

竹田市で居場所作りをしている奥結香さんをお招きして、LGBTのお話をしてもらいました。

 

自身のセクシュアリティに葛藤し、友人や家族との関係に悩んだ過去から、健常者も障害者も性的少数者も、平等に暮らせる共生社会の実現に向けて活動を続けられています。

 

 

誰もが持っている、好きになる相手の性【性的指向】や自分の性別の認識【性自認】に関わらず、全ての人が「当たり前」に生きられる社会にするには「社会の受容」が必要です。

G7の先進国でも、同性婚を認められていないのは日本だけ。

既成の性に関する考え方によって成り立っている社会で、その「当たり前」から変えていかなくてはいけないですね。

 

一人ひとりが違ってて、当たり前。

今日からできる事。

・一人ひとりが自分自身のセクシュアリティについて考える。

・「いたらどうするか」ではなく「いる」という前提で考える。

・あらゆる多様性を認めあう。

 

そのことから、差別・偏見はなくなっていくのだと思います。

 

奥さんは鴛海先生の高校時代の教え子で、久しぶりの再会でした(#^^#)